デザイン学校とデザインの多様性

デザイン系の専門学校は20代の人に人気があり、進学を希望する人が多い人気の分野です。デザインというと一般の人からするとインテリアや製品などの工業デザインなどこそがデザインだと思うのですが、実際にはそういったデザインをできるというのは限られています。

多くの人は印刷会社などで広告などのチラシをレイアウトを考えて作ったりしています。あとはインターネット社会になってサイト製作などが中心です。こういったホームページ製作などはデザインという芸術的なセンスだけでなく、エンジニアのような知識もある程度必要になってきます。

こういったサイト製作などは近年、価格破壊で値段が下がってきています。デザイン関係は2年間の授業を受ける場合が多いですが、他にも通信教育などで勉強するという人もいます。ただし注意すべきなのは卒業しても就職などの斡旋をしていないところも結構あるので、その事も考慮すべきです。

高いお金を払って学んで仕事がないという事もあります。またデザインというのは基本的には自分の好きな絵を描くことではありません。相手のイメージを汲み取ってその要求に応える必要があります。それで初めて対価として給料を貰えるお仕事です。